Unity2019でアニメーションがおかしくなった話

イマイです

Unity2019LTSが発表されたので早速新規プロジェクトにも導入してみたのですが
モデルのインポート周りでうまくいかなかったよってことを書いておきます

発生していた問題

モデルにボーンアニメーションをつけてインポートしてEditor上で再生してみたところ
モデリングソフトの挙動と違う…!
となっていました

Unity2018で確認したところ問題なく再生されておりエディタのインポート設定が怪しいなと思いました。

解消方法と原因
この問題が発生していた原因は
インポートしたモデルの頂点のボーンの影響数が2を超えていたところにありました。

モデルのインポート設定のRigのメニューでは
SKinWeightがStandard4 (Bones) になっており
問題ないように見えるのですが

Edit > ProjectSettingのQualityの項目をみてみると…

デフォルトで2Bonesに設定されている!
(ちなみに2018だと4Bonesでした)

ここを4Bonesに設定し直すことで問題なくアニメーションが再生されました。
めでたしめでたし。

プロジェクトの初期設定でURPを選択しているとここが2Bonesにデフォルト設定されることが今回の問題の原因だと考えられます。
ライトな端末向けだから自動でインポート設定もライトにされちゃうんですね〜

影響が2Boneでアニメーションってかなり難しいと思うんですがこの辺Unityはどう思ってるんでしょうかねぇ…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)