チャリ旅 2016 3日目 尾道観光

チャリ旅3日目です!
予定では朝からしまなみ海道を渡って四国に行く予定だったのですが、台風の接近に伴う雨のために3日目は休憩となりました。
時間はあるので、早速尾道観光です!
午前中は雨が降っているのでゲストハウスでのんびり休憩しました。
ゲストハウスに一緒にいたゲストさんと尾道観光をしようという話になり
そこで尾道ラーメンで一番有名らしい「尾道ラーメン 壱番館」に行く予定を決めました。

ゲストハウスからの徒歩5分程度だったので
11時の開店とほぼ同時にお店に入ることができ、一番客でしたね(笑)

小魚のスープとチャーシューの組み合わせが最高でした!
そのあと尾道U2に行ってお土産を見てみたり、Giantストアを覗いてみたり…

綺麗な店内でお洒落なお店が多数入っており、女性に人気の理由も納得ですね。
(私のような男性には多少居心地の悪さを感じますw)


お酒のディスプレイに貼ってあったものです、こういう細かいところに遊び心があるのはいいですね。(意味していることは恐ろしいですが…)
その後一緒にいたゲストさんと尾道駅で別れ
尾道観光の代表地、「千光寺」に行きました
山の斜面に作られた建物には眼を見張るものがありました

途中の小道などには猫がいたりと、田舎を感じるところが多々ありとてものどかな観光地でした。
山を登る途中には一応地図があるのですが、これが地味にわかりにくい(笑)

迷路のような作りになっていて途中で行き止まりの道などもありました。
ロープウェイもあるので、そちらも使って降りてくるのもアリかと


道中沢山の猫がお出迎え。
猫好きにはたまりません
山頂まで登った後、近くのお土産屋さんでみかん?のソフトクリームを食べてました。
その後、尾道駅の上の山に見える尾道城!?の正体を確かめに行ってみました。

途中でかなり大きなお洒落な建物があり何かと思ってみに行ってみると尾道市立美術館でした。
山の上にある美術館で雰囲気はとても良かったです(入ってはいませんが…)
美術館を横切り歩くこと約十分
ようやく見えてきました

尾道城?です
かなり

かなり
小さいです(笑)

しかも閉まってるし、変な人形みたいなのもいる(笑)
ここまで何のために来たのか…
というかがっつりコンクリなんですね…
これを城と呼んで良いものか…
そういえば
看板とかにも何にも書いてなかったなぁ…
(ゲストハウスの方に聞いてみると、ずっっと前には博物館として運営していたそうです。
何でもお金持ちの外国人が建てたとか建ててないとか…景観を損なうとか何とかでも問題になっていたようです。
建築する前に気づかないものなのか…?
だいぶ前からあるもので詳細は不明だそうですw)

帰りはロープウェイを使いました
疲れたからとかじゃないですよ!
雨上がりで滑る+ビンディングシューズなので危険だったからですよ!
(観光用に普通の靴を用意しておくのが無難です)

最後に昨日とまったゲストハウスあなごのねどこの裏にいい感じの本屋さんがあるという情報を仕入れたのでいってみました。
裏というよりもあなごの寝床の駐輪場のもっと奥でした。
これは知っている人じゃないと絶対たどり着きませんね…
「紙片」というお店で
音楽が流れているこじんまりとした店内は独特の雰囲気を醸し出しており、店主のこだわりがいたるところに感じられました。

また時間があるときに行ってみたいと思います。

その後今日の宿「ゲストハウス ヤドカーリ」に着きました!
昨日の宿から徒歩でも5分と尾道はゲストハウスが豊富で泊まる場所には困りませんね。

小道に面したゲストハウスで3階建の建物の二階部分にベッドと共有スペースがありました。
しっかりとした建物というよりもオープンなスペースという印象が強かったです。

食事する場所はガラス張りで共有スペースも外にパラソルを立てた机といった具合でした。
また、トイレやシャワー、水道は外にありました。
私は大丈夫でしたが、人の目が気になる人は要注意ですね。
あと、自転車はきちんと建物の中に駐車スペースがあり、チャリダーも安心です。


あいにくこの日は私の他にゲストさんが二人しかいなかったですね。
二人が外国の方で(どこの国からは忘れてしまいました..)
私の拙い英語でしたが、理解してくださり、こちらにもわかりやすいように話しかけてくださったので、かなり盛り上がりました。
聞けば、東京から富士山など日本の観光名所を巡りながら二人で旅をしているそうで、次は四国に向かうそうです。
日本のことなどを色々質問されましたが、きちんと答えられたのか怪しいです…

そんな感じで3日目終了となりました。
明日はいよいよしまなみ海道です!
4日目に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)