三江線ライド 川と街と山

追記(2016/12/1)

三江線ライドが本になりました!

三江線bookに今回の三江線ライドの様子を掲載しました!
三江線bookでは三江線だけでなく沿線の魅力的なスポットなどを載せています
amazonでも取り扱っているので、気になる方は是非ご購入ください!

三江線ってどんなもの?

記事の本文に入る前に〜皆さんは三江線をご存知でしょうか?
知ってるよ!という方は次の章まで飛ばしてください

”三江線(さんこうせん)は、島根県江津市の江津駅から広島県三次市の三次駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)。” Wikipediaより

このような知る人ぞしるローカル鉄道なんですね。一部マニアにはかなり有名だそうです。
この三江線沿線が約100kmでちょうどいい長さであることと、三江線廃止の危機にあるということで、せっかく島根県に住んでいるに行かないのはもったいない!
(JRより三江線の廃止が2018年3月に決定しました。)
ということで行ってきました。

三江線までのアクセス(松江から)

私は松江に住んでいるので三江線に向かうにはJR山陰本線を利用しました。

松江駅〜江津駅まで「山陰本線 快速アクアライナー 浜田行」を利用して2時間程度で着きました。
自転車は輪行袋に入れて他のお客さんに迷惑のならないようなところにおいておきましょう。(混雑時を避けることは島根では比較的簡単ですよね笑)
そんな感じで着くのが江津駅

私は大学の講義終了後に移動したので、到着したのは20時ごろでしたが、江津駅周辺

何もないですw

泊まる場所はもちろんご飯を食べるところもかなり限られます
江津で宿泊を考えておられる方は要注意です!
私はテントを持っていたのでテキトーな場所を探してテントを張ってそこで寝ました
自然は豊かなのでテントを張る場所は簡単に見つかると思いますw

レッツ三江線ライド!の前に

まず決めておきたいのが、江津から三次に向かうのか、三次から江津に向かうのか
ということ。
ちなみに三次の方が若干ではありますが、標高が高くなっており三次→江津の方が楽に走破できると思います。
私は帰りの都合を考えて三次→江津でしたので、三江線を利用して江津駅から三次駅まで行ってそこから自転車でした。
ここで三江線に乗るのかをあらかじめ決めておかないと大変なことになります

上のが三江線の時刻表になります、ちなみに土曜日と休日も同じです
江津駅6時発を逃すと次が…
12時34分!?

6時間以上の空白!

そのためもし、江津駅から三次まで行きたい方は寝坊厳禁です!!

三江線を楽しむ

まずは自転車の前に三江線を楽しみましょう

こんな感じで私が言った時はガラガラでした(笑)
輪行袋を置くところに困りませんね^^


三江線の見所の一つ江ノ川ですね。
川と山のスケールの大きさが伝わってきます。

                 そんな感じで電車に揺られ続け

約3時間

ようやく広島県の三次駅に到着です。

三江線ライド!

いよいよ三江線ライドの開始です!
江の川を見ながら自分のペースでまったりと自転車を漕ぎましょう!

気の向くまま
大自然を満喫したり

気になる建物で立ち止まってみたり

(あまり見かけない酒の販売機ですね)
(なぜこれだけ紙にしたのか…)
なぜか自転車だけハードモードだったり       

道の駅で一休み
運が良ければ三江線沿線地域では有名なクレープ屋さんに会えるかも!?

昔懐かしの自販機が残っているのも田舎ならでは!

道中は車もかなり少なくのんびりと走ることができます
途中、道が悪くなったりするところもあるので要注意です。
そんな感じでほぼ一日かけて5時ごろに江津駅まで戻ってこれました!

走行距離は約108km
走行時間約5時間32分    でした!

私はそのまま電車に乗ってその日のうちに松江まで戻りました〜

ルート

途中のルートはルートラボで製作しておいたので貼り付けておきます

地図は自分で動かせるので好きなところが見れますよ。

三江線ライドを終えて

今回の三江線ライドを終えての感想です。
良いところ
大自然の中を自分のペースで走れるというのが最も大きな魅力ではないでしょうか
さらに、三江線を利用すれば自分の無理のない距離を選んで走ることができるので、初心者にもお勧めできると思います!
時間が合えばですが、三江線の列車と並走することもできます!
30km以下で走行している区間も多いので追い越すことも可能です(笑)

悪いところ
やはり田舎なので、休憩ポイントはかなり少なめでした。
全体を通して道の駅は3、4つさらには自販機も数えるほどしかなく、コンビニなんて一つしかありませんでした。
しっかりと計画を立てて走らないと危険です。
あとは、道が悪いところがあることですね、森の中を走るところは見通しが悪く道も狭く、対向車が全く見えない時もあるので、注意です。

終わりに

三江線ライド、いかがでしたでしょうか?

文字だけでは伝わりにくいところが多いと思いますので、興味のある方はぜひ、一度訪れてください!そして島根県の自然を満喫してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)